スタッフ

じゅえる花子のスタッフをご紹介します。

創業以来変わらないスタッフが
ジュエリーライフをサポートします。

当店の1番の自慢は、創業以来スタッフが変わらない事です。
これは一重に今までご支持頂いたお客様のお陰であり、当店スタッフひとりひとりが責任を持って、お客様のライフスタイルを、豊かにするお手伝いを行っている気持ちの表れでもあります。
「いつ来ても当時のスタッフの顔が見れるから安心する」 、 「あの時、接客してもらった当時と同じ元気一杯の対応でまたこっちが元気をもらった」、「ありがとう」 お客様から頂いた感謝の言葉が、私たちスタッフの最大の喜びです。


店長  森要子

青い海、澄んだ空気、温暖な気候、日本の地中海と言われる瀬戸内の 小さな島、小豆島の出身です、物心付いたときから歌っていたようで今でも歌うこと大好きです、愛犬3匹に囲まれて忙しくも 楽しい毎日です。

お客様と笑顔でお話しできることが大好きです。

宝石は癒しと元気のパワーをもらえます。最近は美と健康、『植物性ケイ素、華ケイ素』の効果に感動の毎日です。いいものをおすすめして笑顔の輪を広げていきたいと思っています。

“人生笑って生きるが勝ち”をモットーにしています


田井美津代 Mitsuyo Tai

私は東国原前宮崎知事と同じ宮崎生まれの宮崎育ちです。小さいときから背が高くて スラッとしていましたが最近はちょっとずつ横に広がってきてますけど・・・(やばい) 学生時代は弓道部で袴姿にあこがれて入りました。 精神集中にはとてもよいスポーツです。田舎の私からは大阪はお笑いの街というイメージでした。大阪に来たらみんなが漫才師のような話をするのだと思っていたのです。今ではすっかり私も大阪人になってどんなことでも笑いに変える天才です。かわいい小物を集めたりするのが大好きでトトログッズは沢山あります。私の夢はジブリの森に行ってネコバスに乗ってみたいと言うことです、気さくな私なのでいつでも声を掛けてください


坂部瑞代Mizuyo Hattori

私は学生時代からスポーツ大好き人間で特にソフトボールはシニアになってもやりたいほどです、そんな男らしい自分が宝石と出会って今では花子のスタッフです。
そして私は写真うつりが良く何度もテレビの「お店紹介」に登場しています。
言わば花子宣伝部長です。この元気なキャラが宝石店らしくなくて受けてるって感じです。 どうぞお気軽に声を掛けてください


早倉由香里 Yukari Hayakura

私は瀬戸内海の小さな島、小豆島で産まれてこの尼崎で21年が過ぎました。
今では小豆島も有名になり「映画 八日目の蝉」に出て小豆島も観光客が増えているようです。
私の実家は素麺を作る小さな工場です。 子供のころは毎日素麺が食卓に出ていました。
今でも麺類は大好きで毎日食べても飽きないほどです。 島の子なので泳ぐことも大好きです。かっぱの早倉と言われていました 花子では眼鏡が似合うのでトレードマークになり(めがねちゃん)と言われています。
ぜひいらしてください 。